よくあるご質問

よくお問合せいただくご質問をまとめました。
それぞれの質問項目をクリックしてご確認ください。

全て開く全て閉じる

資格・講座について

Q1 健康管理士一般指導員とはどんな資格ですか?

健康管理士一般指導員は、健康の維持・増進の知識を広めて病気を予防していこうという考えのもとに生まれた資格で、医師とは異なる観点から人々の健康を守るための指導を行っています。

Q2 健康管理士一般指導員受験対策講座とはどのような講座ですか?

健康管理士一般指導員受験対策講座は、日本医協学院が主催する通信教育講座で、以下のような指定・認定を受けています。

指定講座 厚生労働大臣指定 教育訓練給付制度指定講座
(厚生労働大臣指定番号 133511810016)
資格認定 財団法人 生涯学習開発財団
特定非営利活動法人 日本成人病予防協会
Q3 健康管理士一般指導員の資格をとりたいのですがどうすればよいのでしょうか?

健康管理士一般指導員は、日本医協学院が主催する通信教育講座の「健康管理士一般指導員受験対策講座」を受講・修了された方が資格認定試験を受験し、資格を得ることができます。

Q4 現在70歳を超えているのですが、受講修了できるでしょうか?

何の問題もございません。当講座は、下は10代から上は80代まで受講されており、多くの方が最後まで修了され、資格も取得されています。

Q5 講座を受講する際、受講条件などはありますか?

受講条件などはなく、どなたでも受講できます。入学は随時受け付けており、入学金は一切頂いておりません。お申込書とご入金の確認が取れた時点で教材一式をお送り致しますので、教材がお手元に届きましたら学習を開始していただけます。

Q6 医学の知識や健康の知識がないのですが、大丈夫ですか?

心配いりません。
専門の知識がない人でもステップを踏んで学んでいけるようなテキストになっているのでご安心ください。

Q7 通信講座だけですか?

本講座は通信講座のみです。1人での学習に不安があるという方でも、当学院のスタッフがしっかりとフォロー致します。
通信講座だとなかなか勉強がはかどらない方や、講座を修了できるか不安な方には、通信講座の修了及び資格認定試験合格を目的とした、通学形式のオプション講座「養成講座」(全4回)をご用意しています。是非ご参加下さい。

また、試験勉強の仕方や対策の立て方が分からないという方には、試験の1カ月前に開催される合格対策講座を受講されることをおすすめ致します。

Q8 受講期間を教えてください。

受講期間はおよそ4カ月ですが、これは4冊の添削問題集を1カ月に1冊のペースで提出していただいた場合の目安です。基本的に受講期間の設定や制限は設けておりません。たとえ遅れて提出されたとしても、責任をもって添削し修了までサポートさせていただきます。もちろん受講期間延長代金などは頂きません。

Q9  受験したい試験日まで、定められた受講期間である4カ月に満たないのですが、どうしたらよいですか?

受講期間の4カ月はあくまで目安です。受験されたい試験日の1カ月前に全ての添削問題集を提出された方は資格認定試験の受験が可能です。

※例えば、2月23日の試験を受験希望でしたら、1月23日までに講座を主催している日本医協学院までにお送りください。受験資格のある方には自動的に試験案内が送付されます。

Q10 受講を申込む前にテキストの実物を見てみたいのですが・・・。

資格取得説明会や受講相談では、実際に使用されているテキストや添削問題集をお手に取ってご覧いただくことができます。
また、当ホームページや資料でテキストの一部をご覧いただくことはできますが、見本を送付することや試しに購入するということはできません。

Q11 受講を修了した友人からテキストを譲ってもらい、受講することができますか?

受講料には、テキスト・添削問題集・添削指導料が含まれています。そのため、テキストを譲り受けて受講をすることはできません。

Q12 講座の受講申込を済ませたのですが、教材はいつ届きますか?

「申込書」「ご入金」の2点が確認出来次第、すぐにテキストを発送します。ご入金されてから当学院の経理にて入金が確認されるまで、2日ほどお時間が必要であることをご了承ください。お急ぎの場合はご連絡ください。

Q13 資格認定試験対策の問題集や参考書はありますか?

試験問題集や参考書などの取り扱いは行っておりません。テキストと添削問題集4 冊で学習を進めていただくこととなります。学習の中で分からない点等は、質問票にて受け付けております。試験の対策問題集としては、4冊目の添削問題集である「総合受験対策問題集④」が該当致します。

Q14 以前に受講を開始したのですが、事情がありずっと添削問題集を提出していません。継続して受講することはできますか?

しばらく受講を中断されていても、受講生名簿から削除されることはございません。引き続き受講を継続していただいて結構です。ただし、テキストは定期的に改訂を行っておりますので、詳しくお知りになりたい場合は当学院にお問合せください。

Q15 海外に住んでいますが通信講座を受講できますか?

海外の方でもご受講が可能ですのでご安心下さい。ただし、資格認定試験は日本のみで行っておりますので、ご都合に合わせて日本の会場で受験していただきます。なお、海外の方につきましては、誠に勝手ながら送料をご負担頂いております。
お住まいの地域や発送方法によって料金とお届け日数が異なりますので、下記よりご希望の方法をお選び下さい。

※地域によりお送りできない地域もありますので、お問い合わせください。

  • EMS(国際スピード郵便)
    配達情報の検索ができます(地域による)
  • 航空便
    配達情報が反映されるまで日数がかかります。
  • エコノミー航空(SAL)便
    配達情報が反映されるまで日数がかかります。

例)米国(ニューヨーク州)在住の方の場合の目安

種類 料金 お届け日数
EMS(国際スピード郵便) 6,100 円 3日程度
航空便 7,600 円 6〜8日程度
エコノミー航空(SAL)便 6,150 円 14日程度

また、添削問題集のご提出に関しましても、送料はご本人様の負担となりますので、ご了承下さい。当学院から受講生の方へ添削問題集を返送する際にかかる送料につきましては、当学院で負担させていただきます。

お支払方法・消費税・配送料・返品などについて

Q1 支払方法は?

お支払方法は5通りです。代引き、クレジットカード、コンビニ、指定金融機関へお振込み、ローンからお選びいただけます。

Q2 消費税は?

受講料に含まれています。

Q3 配送料は?

配送料は日本全国どこでも無料とさせていただいています。(日本国内のみ)

Q4 代引き手数料は?

代引き手数料(648円(税込))は、お客様にご負担いただきます。

Q5 受講のキャンセル・返品・交換などはできますか?

ご受講を取り消される場合、教材到着後8日以内であればご返品できます。(教材未開封、未使用に限ります。返送料、ご返金の際の振込手数料はご負担ください。)名義の貸与、譲渡、変更等は認めておりませんので、ご了承ください。
また、万一、教材に汚損、破損、乱丁、落丁などがあった場合にはお取替え致します。

Q6 海外からの支払方法は?

受講料納入方法につきましては、クレジットカード、郵便振替、銀行振込でのお支払いが可能です。
海外からのお申込みにつきましては、手数料がかからないクレジットカード(Visa、Master、JCB、Amex、Diners)でのお支払いをお勧め致します。カードご利用の場合は、受講料金とあわせて送料もカード決済が可能です。

その他

Q1 合格対策講座というのは何ですか?

試験の約1カ月前に開催される1日限りのオプション講座です。ご自身の理解度を確認されたい方や自信を持って試験に臨みたいという方はぜひご参加ください。
ただし各回1カ月後に行われる本試験に沿ったものとなり、毎回内容は変わりますのでご注意下さい。
参加費用は5,400円(税込)です。

Q2 養成講座というのはなんですか?

健康管理士一般指導員「養成講座」は通信教育の修了及び資格認定試験合格を目的としたオプション講座です。
講座回数は全4回で1回2時間半の通学講座になっています。
通信教育のテキストを使用し、重要なポイントを講師が時間をかけて丁寧に解説いたします。また、添削問題の解答についてのヒントもお伝えします。
少人数制のクラスなので、分からない点があればその場で質問して、すぐに解決することが出来ます。
通信教育だとなかなか勉強がはかどらない方や、講座を修了できるか不安な方、絶対に合格したい方、仲間をつくりたい方はふるってご参加下さい。

Q3 資格認定試験について教えてください。

資格認定試験の費用は1回につき5,500円(税込)となりますが、講座修了後から受験されるまでに、有効期限などの制限はございません。また不本意な結果であった場合は何度でもチャレンジしていただけます。

Q4 資格認定試験に落ちた場合は、講座を再受講しなければならないのでしょうか?

既に講座は修了されておりますので、再度受講する必要はございません。
資格認定試験は何度でも挑戦可能です。(※受験料5,500円(税込)はその都度必要になります)

Q5 資格認定試験の合格率や難易度はどれくらいでしょうか?

資格認定試験の合格率は約7割程度で、本試験における合格ラインは6割以上の正答率となります。
実際の試験は90分間で、穴埋め問題や記号を下から選ぶ選択問題が多くなっています。
添削問題集や総合受験対策問題集で6割〜7割の正答率を目安にしてください。

Q6 受験したい試験日があるのですが、どうすればよいですか?

受験されたい試験日の1カ月前に全ての添削問題集を提出された方に受験資格が与えられます。
例えば、2月23日の試験を希望の場合、1月23日までに提出してください。受験資格のある方に試験案内が送付されます。

Q7 資格取得後の登録・入会・活動についてくわしく知りたいのですが・・・。
to top