資格の活用・活躍の場

現在60,000名の健康管理士一般指導員が家庭はもちろん、地域、企業、学校や医療福祉関係などの様々な分野で知識を活かして活動、活躍しています。

企業 (食品・製薬・化粧品・健康関連産業・エステ・アロマ・整体・フィットネス等)

企業における健康管理指導、社員教育、営業、販売など
企業イメージ
  • 企業内の健康管理部門においてカウンセラーとして社員の健康指導を行う
  • さまざまな業種の営業社員のスキルアップとして(顧客への信頼度、販売力、サービス力、コミュニケーションの向上のため)
  • 社内外で健康セミナーを行う(集客力の向上、信頼度の向上)
  • アロマ、エステ、整体院などでお客様に合わせた健康アドバイス、健康相談などを行う
  • 健康情報の提供(ホームページ・メルマガ・ブログ)や、健康関連の雑誌や記事の取材や編集活動を行う

医療・福祉 (看護師・(管理)栄養士・介護福祉士・ヘルパー等)

医療、福祉施設における健康管理指導、職員教育など
医療・福祉イメージ
  • 看護師や栄養士のキャリアアップとして(専門分野以外の知識を得るため)
  • 病院等で地域と密着した健康セミナーを開催する
  • 患者様が望む健康アドバイスを行う
  • 介護保険施設などで利用者とその家族の健康指導を行う
  • 健康情報の提供(ホームページ・メルマガ・ブログ)

地域

地域での健康管理指導、講演やボランティア活動など
地域イメージ
  • 地域で自治体と協力して住民の健康管理指導や健康教室、講演活動を行う
  • 定年退職後に地域の人々の健康を守るためのボランティア活動を行う
  • 健康相談、健康づくり運動を行う

学校

全国48(※)の大学、専門学校のカリキュラムに採用。
小・中学校での食育指導、学校管理における健康管理指導など
※2014年4月現在
学校イメージ
  • 幼稚園や小中学校で子どもたちや保護者の食育・健康指導を行う

家庭

大切な家族の健康保持・増進のための健康管理
家庭イメージ
  • 家庭内で家族の健康管理を行う
  • 食事(栄養面)を工夫する
  • ストレスに対処する
to top